HOME > ASPサイト“軽がる” > い〜パスプラン(e-passplan)

い〜パスプラン

省エネルギー・省コスト・排出CO2量の削減に数理計画法を用いた設計・運用解析ソフトウェア「い〜パスプラン」が威力を発揮します。


ASPのマニュアル・パンフレットをこちらでご覧いただけます。
≫マニュアル・パンフレットダウンロード



い〜パスプランとは


大量生産・大量消費は暮らしを豊かにする一方で、地球環境の悪化を確実にもたらしつつあります。地球温暖化につながるCO2排出削減も待ったなしの段階です。貴重なエネルギーを合理的に使って省エネルギーを実現しCO2排出量を削減する、そのために熱源システムの最適運用解析ソフトである「い〜パスプラン」を役立ててください。



い〜パスプランの用途


新築設計

変動する建物のエネルギー要素を考慮して、年間の設備償却費、運転費等の総和や一次エネルギー使用量、あるいはCO2排出量が最小となる熱源システムとその構成機器容量を選定します。



リニューアル設計

全面リニューアルや部分リニューアルの計画、コージェネの導入評価など、更新設備の最適化を図ります。



運用解析

既存建物の熱源設備も運用次第で運転費、一次エネルギー使用量、CO2排出量の削減が可能です。熱源設備を最適に運用するための解析を行います。



い〜パスプランの特長


用途に合った計算方法を選択可能

シミュレーション 決められたシステム、機器容量に対して設備費、年間のエネルギー需要に対する運転方法とコスト等を算出します。
(計算時間 数十秒)
簡易最適化 概略設計など、精度より結果を早く出すことを優先したいときに選択します。(計算時間 数十分)
詳細最適化 機器の部分負荷運転の特性を考慮して、最適なシステム、機器容量、運転費等を算出します。(計算時間 15分〜4時間)

注)計算時間は800Mz PC



豊富なデフォルト値

設計や解析にあたって、機器特性データをはじめとする膨大なデータが必要です。「い〜パスプラン」は下記のデータを予め用意し作業の効率化をはかります。もちろんユーザー自身のデータの設定は可能です。


機器特性データ(各種機器の部分負荷効率など)
設備費データ(機器の定価、配管費用など)
注)ユーザーは掛け率で実勢価格を設定できます。
メンテナンス費
電力・ガス会社別料金メニュー
建物用途別負荷需要パターン
気象データ
注)機器の効率補正に用います。




計算結果の利用

計算結果をそのまま報告書に使えるように図表化して出力します。

また結果はMicrosoft Excelで処理しているのでユーザーの目的に合った加工が容易です。



い〜パスプランの処理概要





実施例


い〜パスプランは、多くの団体から評価を受けています。


大阪府立大学伊東研究室の研究成果を適用
特許取得 特許第3027809号
中小企業総合事業団より開発研究受託
建築環境・省エネルギー機構(IBEC)より評価書受領
(社)日本冷凍空調設備工業連合会 省エネルギー設備検証事業 優秀賞受賞

い〜パスプランに関するご質問・ご相談はこちら。
≫お問い合わせはこちら




戻る